セレスポ

セレスポの歴史(沿革)

1977年の創業以来、セレスポは業容を拡大しながら着実に成長してまいりました。
これまでのセレスポの軌跡をご紹介させていただきます。

1977年 7月 資本金500万円、建設式典(セレモニー)と運動会(スポーツ)を主軸に株式会社セレスポを設立、
東京都板橋区に本社・埼玉県富士見市に資材倉庫を設置
8月 初仕事、地鎮祭を受注
1983年 7月 売上高10億円突破
1990年 7月 売上高50億円突破
1994年 4月 株式を店頭登録
5月 本社ビル竣工、本社・東京支店を豊島区に移転
1996年 2月 埼玉県富士見市とクイック24協定(災害時における緊急設備支援に関する協定書)を第1号として締結
1999年 4月 本社にバリアフリーライフ研究所
(現ユニバーサルイベント研究所)を開設
2000年 4月 代表取締役会長に三木征一郎が就任
代表取締役社長に衣笠純が就任
2004年 12月 ジャスダック証券市場に上場
2008年 4月 代表取締役社長に稲葉利彦が就任
9月 経営理念「セレスポの幸福」発表
2009年 3月 プライバシーマーク認定取得
4月 運動会のポータルサイト「運動会.com」を開設
2013年 4月 陸上部を発足
7月 サステナブルイベント研究所を開設
2014年 10月 Positive Impact 日本事務局を開設
2015年 3月 売上高100億円突破