セレスポ

スタッフ紹介

セレスポは、チームで楽しむ気持ちと仕事への情熱を持ったプロの集まりです

PROFILE

宮坂 航太郎MIYASAKA KOUTAROU
施工管理として現場で働いています。
学生時代からずっと野球をしているので体力には自信あります!何があってもへこたれません!会社の野球部ではキャッチャーです。

チームワークを発揮し、皆で一つの物を作り上げるのがこの仕事のやりがいです。

現在は、施工管理として現場に出ていることが多い毎日です。ゆくゆくは営業(企画)の方向に……と言ってもらうことも多いのですが、自分では今の施工管理の仕事にやりがいを感じています。今後も現場の人間として、突き詰めていきたいと思っています。

元々の性格上、皆とわいわい楽しくやるのが好きなタイプです。設営スタッフの方やトラックの運転手さん、もちろんお客様含め、皆で現場を一緒に回していくことがこの仕事の楽しさです。例えると、毎日文化祭の準備をしているような感覚に近いかもしれません。

楽しい半面、施工管理の仕事は過酷なところもあります。お客様の要望を反映させつつ、安心・安全の管理もしないといけない。体力勝負の面もありますし、多少のことではへこたれない精神力が必要です。

しかし、大きい案件に携わり、会場が完成した時の達成感は大きいです!実際に自分たちが建てたテントや並べたカラーコーン、作ったステージがテレビで写ったりすると感動します。「自分達がやったのだ!」とを誰かに話したくて仕方ない気持ちになります。

セレスポの魅力は、熱くて楽しい仲間がいることです。

セレスポは社員の仲がとても良い会社だと感じています。業務外のレクリエーションなどで山登りに行ったり、バーベキューをしたりすることもあります。先輩・後輩の上下関係がありつつも気兼ねなく話せるので、雰囲気が悪いと感じたことありません。こういった業界だからというのもあり、似たような雰囲気の方は多いです。皆明るくてお祭り騒ぎが大好きな楽しい人ばかりです。

自分がセレスポに入社を決めた理由の一つは、そんな社風に魅力を感じたことです。就職活動をしていた当時、たまたまセレスポで働いている1つ上の先輩にOB訪問をして、会社の雰囲気について伺う機会がありました。そして、その後の会社説明会や選考を受けている中でもいい雰囲気の会社だと思えたのでセレスポを選びました。

楽しい中でも仕事への熱があり、尊敬できる先輩もたくさんいますので、その背中を見ながら成長したいです。今後は、中堅社員として、その先輩のように有名なイベントのチーフとして現場を回していきたいと思っています。

学生さんに伝えたい。社会人は、仕事も私生活も充実しているのが一番です!

学生時代に自分も言われていたのですが、「学生時代は遊び尽くせ」の一言に尽きます。やはり社会人になると自分の時間を作るのも大変になりますし、学生のうちにできること全部やってほしいと思います。外に出ることでできる経験や発見もありますし、仕事にも必ず生きていきます。

自分には「スポーツに関わりたい」「裏方の仕事をやりたい」という目標がありました。小学生からずっと野球をやっていたこと、日本体育大学に通っていたこと、裏方の仕事をやったこと、その全ての経験がつながって、今この仕事ができていると感じています。

社会人になると、私生活がつまらないという方がよくいらっしゃるのですが、そんなことはありません。何か趣味があると私生活も充実しますし、オンオフも切り替えられるので、是非趣味を見つけてみてください。きっと仕事も明るい気分で取り組めると思います。明るく元気がある人と一緒に働きたいです。

今年セレスポは40周年を迎えました。一緒に成長していきましょう!

READ MORE 他の先輩スタッフも見る