セレスポ

セレスポの取り組み詳細

サステナブルイベント研究所

100 年先まで笑顔の溢れるイベントをサポート

セレスポは、2013年にサステナブルイベント研究所を設立し、国際イベントでの対応力強化、国内イベントのレベルアップなどイベントに関わるさまざまな立場からサステナビリティ(持続可能性)に関する研究、推進に取り組んでいます。2019年4月1日からは、社内研究機関の「ユニバーサルイベント研究所」と統合し、より包括的な研究機関として活動しています。

◎サステナビリティ(持続可能性)
イベント分野における国内外の事例を基にした調査・研究とともに、商品・サービス開発を行い、クライアント企業・団体の理念を体現するイベントマネジメントの新たな価値観の創造と国際的な評価の向上に努めています。

◎ユニバーサル
イベントの企画段階からバリアフリー、ユニバーサルデザインなどの考えに基づき、障がいの有無、性別、年齢、国籍などに関係なく誰もが安心して楽しめるイベント環境の創出に向けて取り組み、インクルーシブな社会づくりに貢献していきます。



Positive Impact との連携

2014年、イベント分野のサステナビリティ教育を行うイギリスの団体Positive Impact (本部:マンチェスター)と連携し、日本事務局を開設しました。日本と世界を繋ぐ架け橋として、国内外の最新サステナブルイベント事例や情報を発信しています。
→→→「Positive Impact Japan」のウェブサイトはこちらから 

沿革

 1999年 ユニバーサルイベント研究所設立
 2013年 サステナブルイベント研究所設立
 2014年 Positive Impact 日本事務局開設
 2019年 ユニバーサルイベント研究所と統合

  • サステナブルイベントセミナー写真

  • 車いすセミナー写真

関連ページ セレスポの活動のページを見る